QAラボ OKWAVEがQAデータをもとに旬のトレンド調査レポートします!

【第7回】新しいゲームプラットフォームがもたらす変化とユーザーの興味分析

2013年11月26日更新

調査結果

2_1 年代・性別によって好みが異なるゲームタイトル

次に、人気のゲームタイトル別に見てみましょう。質問数のTOP3である「ポケモン」「モンハン」「FF」は新製品の発売に関係なく、質問データ数は減少傾向にあります。一方で、「どうぶつの森」はかわいらしいキャラクターが女性を中心に幅広く支持されていることもあり、質問数の伸び率が高いことがわかります。

ゲームパブリッシャーの立場から見てみると、スマートフォンの普及による家庭用ゲーム機離れへの対策として、シリーズ化している人気タイトルやグラフィカルでリッチなゲームだけでなく、様々なニーズに応え、気軽にプレイできるゲームづくりが求められる時代の真っ只中にいると言えるでしょう。

グラフ

グラフ

ゲームタイトル別に年代構成で比較してみると、10代~20代に最も支持されているのは「ポケモン」という結果に。「モンハン」や「マリオ」はすべての世代にバランスよく人気がありますが、「ドラクエ」や「FF」については20代~30代の支持が多く、新規のコアユーザーの獲得が進んでいない印象があります。

グラフ

「ドラクエ」や「FF」は新旧共にコアファンを獲得できるかどうか、今後が楽しみじゃな。

2_2 「モンハン」と「FF」にみる質問内容の変化

最後に、人気ゲームタイトルの中から「モンハン」と「FF」をピックアップしてワードの変化を見てみましょう。細かくゲームタイトルごとに見てみると、質問者の動向や趣向に変化があることがわかります。「モンハン」「FF」をプレイしたことがある方は、ご自身が感じられたことと比べてみてはいかがでしょうか。

【モンハン】 2010年度は「攻撃」「スキル」「武装」などのワードから攻略方法に関する質問が多いことが読み取れます。一方、2012年度は「PS」「シリーズ」「ダウンロード」などから初心者からの基本的な質問が多くなっていることがわかります。周りに所有者が増えることで影響を受けてゲームを始めてみようと思うケースが多いと考えられます。

グラフ

【FF】キーワードに大きな変化がなく、2年経ってもユーザーのレベルに大きな差がないことが読み取れます。

グラフ

ゲームによって流行り方も様々なんじゃな。わしも試しに“一狩り”してみるかの!

編集後記

今回の調査では、ゲームに対する興味の大きさ自体は変わらないものの、PSやその他家庭用ゲーム機に関する質問数は年々減ってきており、スマートフォンなどモバイル端末の普及がゲームのプラットフォームを多様化させたことがわかりました。2014年2月発売予定のPS4などにより、スマートフォンへ移行した若年層のユーザーをどれくらい引き戻せるか、今後に注目したいところです。

また、ゲームタイトルごとに年代・性別で人気に差異があり、流行り方にも違いがあることが見て取れました。ロールプレイングゲームなど一部の世代に人気を博しているタイトルは、長期にわたりシリーズ化することで、時が経っても変わらず継続した興味を得ていることがわかります。

次回以降も、身近な話題で「なるほど、面白いな」と言っていただけるような調査結果をお届けしますので、ぜひご期待ください!

次回の更新予定:2014年1月28日(火)

会員登録(無料)をして次回の更新を見逃さないようにしよう!!

※会員登録時に、メールマガジンを受け取るにチェックを入れてください。

このテーマに関するユーザーの生の声

強い「ひこうタイプ」のポケモンを教えてください!
「リザードン」能力的にも申し分なく、タイプ・種類共に覚えられる技が豊富。
攻撃・特攻どちらをとっても幅広い場面で使える。…
もっとみる>>
新生FF14をプレイするために必要なことは?
新生FF14をプレイするためには、まず「FF14をプレイする」という契約をしなくてはなりません。その契約をするために必ず必要なものが「レジストレーションコード」です。…
もっとみる>>
パズドラのスキル、状態異常無効とは?
ターンを遅らせるスキル(威嚇、威圧など)、防御力を減らす(○○ブレイク)、もしくは防御力をなくす(第三の目、みやぶる)、毒スキル全般が効かないということです。…
もっとみる>>

過去のレポートはバックナンバーをチェック!

ラボスタッフ紹介

オーケー博士
OKWAVE「QAラボ」の所長
日々新たなる発見を追い求め
Q&Aデータを分析している
好きなものは、メロンパン
Wave君
博士の愛弟子&見習い研究員 天才肌の博士を尊敬している
イヌ語と日本語を自在に操る
超有能な“バウ”リンガル

関連コンテンツ

OKWAVE総合研究所

  • Q&Aデータから読み解くユーザーの深層心理を。