QAラボ OKWAVEがQAデータをもとに旬のトレンド調査レポートします!

【第12回】「高級品」より「高級感」 イマドキお中元の新常識

NEW 2014年5月27日更新

調査テーマ

OKWAVEのQ&Aデータを独自の切り口で分析、レポートするQAラボ。第12回のテーマは「お中元」について。古代中国から伝わり、室町時代から始まったと言われるお中元の習慣。最近はカタログギフトが選ばれるようになったり、解体セールが話題を呼んだりなど、贈り物の文化も大きく変わってきました。
今回の分析では、Q&A以外のデータからもトレンドを読み解くため、TVメタデータを使ってビッグデータ解析をしているエム・データのデータベースも使用し、お中元などの贈り物のトレンドはどのように変化してきているのか、OK博士とWave君に分析してもらいました。
(質問:9,013件、回答:30,768件、お礼:21,782件、TVデータ:572件)

時代の変化に伴う需要の移り変わりをみてみよう。

調査結果

[1]お中元の時代変化

博士:ビール…はたまたハム…どうしようかのぅ。

Wave君:博士!今日の夕御飯を考えているのかワン?

博士:Wave君、まだ午前中じゃ。気が早いぞい。お中元に何を贈ろうか考えとったんじゃ。

Wave君:博士はマメだワン。そういえばテレビでお中元商戦スタートのニュースを見たワン。

博士:5月に商戦がスタートし、8月に解体セールというのが最近の流れのようじゃな。

グラフ

OKWAVEでは報道が一旦落ち着く7月に質問が
増えているワン!

情報源が少なくなって、悩む人が増えるのかもしれんな。

Wave君:色々なものがあって目移りしてしまうワン。

博士:ラインナップが増えてきているからのぉ。報道内容も年々傾向が変わっておるぞい。

グラフ


定番品よりも詰め合わせなんかがトレンド傾向のようじゃな。

Wave君:質問にも変化があるのか気になるワン!

博士:フム、みてみよう。


グラフ


Wave君:お菓子についての関心が増えているワン!

お取り寄せスイーツなどがインターネットで手軽に買えるようになったのがひとつの要因じゃろうな。

Wave君:いくら便利だからって博士は買い過ぎだワン。

博士:はい…。


[2] 経験から見る「もらって嬉しい贈り物」とは

博士:う~む、こんなに傾向が変化していると、何を送ったら良いのやら悩んでしまうぞい。

Wave君:報道内容のキーワードに何かヒントがあるかもしれないワン!

グラフ


2013年には「高級品」などのキーワードが出現しているワン!

アベノミクス効果の期待感が報道にも現れておるようじゃ。

Wave君:高いものを買わなくてはいけないのかワン…。

博士:まぁまぁ慌てることはない。今度は回答データから、「高級」に関する意見をみてみよう。


グラフ


Wave君:「ちょっと高級な」といったキーワードが多いワン。

「高級品」よりも「ちょっとした贅沢感」がポイントということじゃな。

Wave君:ちょっと高級なビーフジャーキー、食べたいワン!

博士:買わんぞ。…さて、経験談をもう少し掘り深めてみよう。

Wave君:(しょぼん)

グラフ


「自分ではあまり買わない」というのも喜ばれるコツかもしれんのぉ。

非日常/高級感があるというのが喜ばれる贈り物の極意だワン!

博士:普段買えない、ちょっとした高級感、というと…やはり今年のお中元はあれにしよう。

Wave君:教えて欲しいワン!

博士:そりゃ、ワシの特製ブロマイドに決まっておるわい。きっと喜ばれるぞ~。

Wave君:(それはやめたほうがいいと思う…)

今回のレポートの基となった分析データは、こちらにてダウンロードできます!>>

博士のあとがき

お中元について、「高級」というキーワードは2007年頃から出現しておった。2013年の高級志向はまさに消費者のニーズを捉えていたと言えるのではなかろうか。 日用品でも「プレミアム」を謳った商品は増加傾向じゃ。2014年のお中元の傾向も、それを色濃く反映すると思うぞい。

一方で、お礼状や喪中の際の対応など、マナーが良く分からず贈るに贈れない、などの悩みも目立っておった。 「サマーギフト」というように呼び名をカジュアルにするなどの対策も見られるが、マナー啓蒙などで贈り物をすること自体のハードルを下げることも重要じゃな。

お中元で贈り物を渡すという行為は、起源をたどると「お互いの無事を喜ぶ風習」として手土産を持って顔を見に行くのが始まりのようじゃ。なかなか素敵な風習じゃろう? 定番品をただなんとなく選ぶのではなく、その人が何をもらったら喜んでくれるのかを大切にしたいのぅ。

次回以降も天才犬Wave君と一緒に、身近な面白いテーマで分析をしていくぞい!またの~!

次回の更新予定:2014年6月24日(火)

会員登録(無料)をして次回の更新を見逃さないようにしよう!!

※会員登録時に、メールマガジンを受け取るにチェックを入れてください。

このテーマに関するユーザーの生の声

婚約者のご家族に喜ばれるお中元のアイデア
もらう側は、ハムもおそうめんも大量にあり、もらっても困ったりしてしまいます。
私は地元のものや、季節のものを意識して、もらって困らないもの…
もっとみる>>
糖尿病の方に贈るお中元
うちの父も糖尿病で、砂糖(甘い物)を制限しています。
コーヒーをよく飲むのですが、病気がわかってからは砂糖を入れないで飲んでおり、物足りなさそうでした。そこで…
もっとみる>>
もらって嬉しかったお中元は?
お中元だったら、普段は高くて買えない油とか、100%果汁のジュースとか、主婦の立場的には、油や醤油、洗剤など…
もっとみる>>

過去のレポートはバックナンバーをチェック!

ラボスタッフ紹介

オーケー博士
OKWAVE「QAラボ」の所長
日々新たなる発見を追い求め
Q&Aデータを分析している
好きなものは、メロンパン
Wave君
博士の愛弟子&見習い研究員 天才肌の博士を尊敬している
イヌ語と日本語を自在に操る
超有能な“バウ”リンガル

関連コンテンツ

OKWAVE総合研究所

  • Q&Aデータから読み解くユーザーの深層心理を。